環境保護による間伐は事前に届出を行なう必要がある

木々の成長を促すために求められる環境づくりとは 木々の成長を促すために求められる環境づくりとは

森林の間伐に関する疑問はここで解決!

書類

間伐を行なう際は、事前に届出をする必要があります。ここでは、間伐に必要な申請書類と、費用に関して解説します。

森林の間伐や伐採に関するお役立ち情報

森林の間伐を行なう際はまずどこに問い合わせれば良いのですか?
森林の間伐を行なうためには各自治体の担当部署に届出を提出する必要があります。森林経営計画に基づいた間伐であれば、間伐から30日以内に届出を行なうといいでしょう。しかし、自治体によって届出の規約が変わってくるため、お住まいの地域の担当部署に確認してみるといいでしょう。間伐を検討する対象森林が保安林の場合は、手続き方法が大きく異なるので注意が必要です。
間伐を行なう前に確認が必要な書類を教えてください
間伐前に必要となる書類には「伐採届出書」「林地開発届出書」「造林届出書」「小規模林地開発届出書」「森林所有者の同意書」が必要となります。また、間伐後には間伐の適合性を認める「適合通知書」や、知事や市長の同意を得たことを証明する「同意書」が交付されます。
書式の名称は自治体によって異なるので、各書類の概要をしっかり確認しておきましょう。
伐採業者に間伐を依頼したときの費用ってどのくらいですか?
間伐にかかる費用は1本単位で計算が可能です。多くの伐採業者では「基本料金(5,000円程度)」×「木の高さ(m)」によって金額が算出されます。対象となる木が大型の場合や、作業の難易度によっては「リスク係数」が別料金として加算されます。環境に応じて料金に変動があるため、事前に現地見積もりを行なうようにしましょう。

間伐をする際の疑問は担当機関や業者へ

このように間伐を行なうには、様々な手続きが必要となります。スムーズに作業を進めるためにも、疑問点などは専門機関に問い合わせてください。伐採業者であれば手続きから間伐作業までを、一括してサポートしてもらうことができるでしょう。

TOPボタン