間伐が環境保護に求められる理由とは~木々の健康は災害対策になる~

木々の成長を促すために求められる環境づくりとは 木々の成長を促すために求められる環境づくりとは

森林を守って地球温暖化を食い止めろ

木

二酸化炭素排出量の増加により、地球温暖化は日々進んでいます。その温暖化を守っているのが森林なのです。森林はどのような役割を担っているのでしょうか。

森林の重要性を再確認

光合成は大気中の二酸化炭素を吸収して酸素を発生します。この光合成のシステムは温室効果ガスの吸収源として、非常に重要な役割を果たしているのです。一度、樹体に取り込まれた二酸化炭素は、炭素として固定されます。木材として加工されても炭素として固定され続けるため、人為的に温室効果ガスを減らすよりも安全面、コスト面のパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

間伐が森林と地球にもたらす効果

間伐を適切に行なうことで、木々の成長が促されて光合成も活発に行ないます。そのため、現在問題視されている地球温暖化対策として大きな効果を発揮するのです。また、根が地中の深くまで張り巡らされることで、木の耐久性も高まります。地盤の耐久性も高くなるので土砂崩れや、天災などにも強い森林になるのです。日光がまんべんなく入ってくる環境は、土もたくさんの栄養素を含むようになります。土の栄養素が豊富になることで、生物の保全にもつながるのです。間伐にはこんなにたくさんのメリットがあるのです。

非営利活動法人も注目している森林の間伐

孫の世代にも自然が残せるように取り組んでいます(40代/男性)

自然や動物を守りたいと思い、有志らと非営利活動法人を立ち上げました。当初は環境保護の具体的な対策が分からずに、環境啓発に関するイベントを運営していました。その後、伐採業者の協力により、森林の間伐を行なう木々を健康に保つ取り組みをしています。孫の時代までにたくさんの自然を残すために、とても意義のある活動だと思っています。これからも継続的に間伐を行なう予定です。

地球を守る作業

環境保護に関心を持っている方は、各所で模様されているイベントなどに足を運んでみるといいでしょう。間伐を始めとする、環境保護への様々な取り組みが分かります。

TOPボタン