環境保護に関心があるなら知っていて欲しい間伐の重要性

木々の成長を促すために求められる環境づくりとは 木々の成長を促すために求められる環境づくりとは

よく聞く「間伐」って何?

葉

環境保護に興味がある人なら「間伐」という言葉を耳にしたことがある人もいるでしょう。しかし間伐が環境保護に求められる理由を知っている人は案外多くはありません。ここでは間伐について正しい知識を学んでいきましょう。

そもそも間伐とは

木々が成長すると、互いの枝葉が重なり合うようになります。こういった状態を放置してしまうと、枝や葉を健康な状態に保つことが困難になってしまいます。木々の健康を保つためには、一部の木を抜き取って他の木が成長しやすい環境をつくる必要があるのです。その成長のために、木を抜き取ることを間伐といいます。互いの枝葉が重なり合わずに済むことで、木々が健康に成長するために必要な環境が整えられます。

間伐されない森はボロボロに

間伐をせずに木々が重なり合ってしまうと、木の根元に日光が行き届かなくなってしまいます。そのような環境では下草が成長せず、土の保水力に大きな影響を与えてしまうのです。土に栄養分が行き届かなくなってしまうと、木の成長は止まってしまい些細なことで倒壊してしまう状態になります。栄養を失ってしまった木は木材としても利用価値がなくなってしまうため、間伐後は山に放置されてしまいます。このような木のことを「伐り捨て間伐材」といい、環境保護において大きな問題となっているのです。

環境保護のための間伐は専門業者へ依頼する

間伐は専門の業者に依頼することが望まれます。ここでは業者を利用する際のポイント や、基本情報について解説します。

環境保護を目的とした間伐に関する疑問

環境保護を目的とした間伐はどこに依頼すればよいのでしょうか
間伐を行なっている業者は2種類あり、間伐する場所によって依頼先も異なります。個人住宅や小規模な間伐の場合では、植木屋や造園業者に依頼すると良いでしょう。しかし、木の高さによっては依頼ができないケースがあります。森林や雑木林といった大規模な間伐の場合は、林業従事者や建設会社に依頼することになります。このようなケースでは、木の高さや太さを問わずに間伐することが可能です。
森林の伐採をする上で、何か注意する点はありますか?
森林の間伐を行なう際は、事前に関係各所へ届出を行なう必要があります。環境保護のためには、過不足のない量の間伐を実施する必要があります。そのため、決して素人判断で間伐する量を決めてはいけません。また、間伐した後の木の処理も忘れてはいけません。そのままで放置してしまうと、廃棄物の放置をみなされ行政処分を受けたり、原状回復のための造林処置が施されたりする恐れがあります。
森林に間伐に関する基準は、自治体によって様々なので事前に確認するようにしましょう。

業者の力を借りて森林を守る

間伐のプロである専門業者のサポートがあれば、木々の健康を保つことができます。また、作業リスクが大きい間伐作業も、熟練の技術をもつ職人さんなら安心して任せることができます。様々な業者に問い合わせて、献身的に対応してくれる業者を探しましょう!

TOPボタン